• Twitter
  • RSS

    2013年09月

    1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/09/29(日) 00:44:34.93 ID:???
    都道府県の魅力度ランク、本県再び最下位 シンクタンク調査 情報接触度下落が要因

    民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京都)の地域ブランド調査で、
    本県の2013年の都道府県魅力度ランキングが最下位(47位)だったことが26日、分かった。
    調査は09年に始まり、最下位は昨年の46位を除いて4回目。
    県広報広聴課は「本県の魅力を地道に発信していく」としている。

    同研究所は、本県が最下位になった主な要因について、消費者が都道府県に関する情報を見たり、
    聞いたりする「情報接触度」が昨年17位から今年は31位まで下落したことを挙げた。

    同研究所は「11年は東日本大震災の復興関連イベントなどが多く、情報接触度が高かったが、年々落ちている。
    情報が少なければ魅力度は上がらない」と指摘した。

    また、都道府県の「観光意欲度」でも、本県は5年連続で最下位となった。

    調査結果を受け、橋本昌知事は「本県は魅力度や観光意欲度は低いが、住み良さランキングでは高い評価を受けている。
    引き続き活力のある住みよい県づくりを進めていきたい」とコメントした。

    同調査の魅力度低迷などを踏まえ、県は「いばキラTV」の開設ほか、東京・銀座にアンテナショップ
    「茨城マルシェ」をオープンするなど、情報発信やイメージアップを図る取り組みを強化してきた。

    茨城新聞 2013年9月27日(金)
    http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13802060023269

    >>2以降へ続きます。

    2: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/09/29(日) 00:44:57.28 ID:???
    >>1からの続きです。

    県広報広聴課は「マイナスのイメージというよりは、インパクトの強さの問題だと思う。
    面白くて目立つ取り組みを通じて、茨城の魅力を地道に発信していく」としている。

    魅力度向上策について、常陽地域研究センター(水戸市)は
    「地域資源をいかに発掘してPRし、観光誘客に結び付けるかに尽きる」と指摘した。

    調査は7月1日~29日、国内の千市区町村と全47都道府県について、認知度や魅力度、
    イメージなど72項目をインターネットを通じて質問し、全国の20~60代男女約3万人から有効回答を得た。

    魅力度上位は(1)北海道(2)京都府(3)沖縄県-の順。前回最下位の群馬県は44位だった。

    茨城新聞 2013年9月27日(金)

    【【茨城】都道府県の魅力度ランク、再び最下位 調査は09年に始まり、最下位は昨年の46位を除いて4回目】の続きを読む

    1: BaaaaaaaaQφ ★ 2013/09/29(日) 16:40:21.97 ID:???0
    昨年のクリスマスに1歳年上の会社経営者と再婚した女優の飯島直子(45)が29日放送のフジテ
    レビ「ウチくる!? 」(日曜正午)に出演。結婚発表時に会見しなかった飯島が、なれそめや新婚生
    活について語った。

     友人関係から約1年の交際を経てゴールイン。結婚する3年前、最初に出会ったのはバーで、ママ
    さんから「彼もゴルフ、好きなのよ」とコンペに誘われた。相手から積極的にアプローチされたが「ノリが
    すごく軽くて。軽い人、嫌だな」と最初のイメージは悪かった。

     しかし、周囲の友人から「実はあの人、すごくいい人だよ」「直ちゃん、1回ぐらいデートした方がいい
    んじゃないの?」と勧められ、交際が始まる時は結婚前提だった。

     夫に尽くす主婦ぶりも紹介された。ドラマの長期ロケ中、たまたま3時間ほど空き時間が生じた時、
    飯島は自宅に戻って家事をし、収録現場へ。長期ロケのため会えないと思っていた夫は、帰宅すると
    食事の準備がしてあり、驚いたという。

     新婚生活について聞かれると、飯島は「穏やかだねー。この歳になると、穏やかが一番」と笑みを浮
    かべた。
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/29/kiji/K20130929006712430.html
    no title

    【【芸能】飯島直子が新婚生活を語る】の続きを読む

    1: 焙煎特派員φ ★ 2013/09/29(日) 13:15:03.36 ID:???0
     「あまちゃん」が終わって悲しい-。
     「じぇじぇ」の流行語を生み、幅広い支持を集めたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が、28日の放送で最終回を迎えた。
     インターネット上では放送終了を悲しむ「あまちゃんロス症候群」(あまロス)を訴えるファンが続出。
     完結後も作品が与えた余熱は冷めそうにない。

     「燃え尽きた」「もう午前8時には起きられない」「やる気が出ない」「これがあまロスか…」-。
     放送後、ドラマを見届けたファンがツイッターをはじめネット上に続々と感想を投稿。
     日々の楽しみが失われた「あまロス」を危惧する声も多く見られた。

     過去にも人気作の展開が悲しみを呼び、社会現象化した例はある。
     英国の推理小説「シャーロック・ホームズ」シリーズで主人公が死亡したと読めるエピソードが発表されると、
     ファンが自主的に葬儀を開催。
     日本でも、漫画「あしたのジョー」で主人公のライバル、力石徹が死亡し、有志の呼びかけで力石の死を悼むイベントが開かれた。

     博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所の加藤薫上席研究員は
     「『あまちゃん』の場合、視聴者が漠然と抱える悲しさを『あまロス』という言葉が代弁してくれた」と話し、
     ネットで悲しみを共有することが“慰め”にもなっていると指摘する。

     加藤さんは「視聴者がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で感想や分析を重ね、
     視聴率には現れにくい『共感』が現実にも広がった」と分析。
     あまロス克服法については「グッズ購入やファンイベント参加、ロケ地観光など各自にあった方法を見つけてほしい」と提案した。

     番組公式サイトでは放送終了後、最終回で“更新”された架空の「北三陸市観光協会のホームページ」が公開され、
     能年さんは「アキちゃんも私も全力で突っ走ってきました。半年間、応援ありがとうございました」とのコメントを発表。

     元民放プロデューサーで同志社女子大の影山貴彦教授(メディア論)は「笑いを絶やさず努力すれば乗り越えられる。
     そのメッセージは被災者以外の視聴者にも届いた。
     日本人に自信と安堵(あんど)を与えてくれた」と評した。

     http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130929/ent13092909100004-n1.htmより抜粋

    【【ドラマ】「燃え尽きた」「やる気が出ない」「これがあまロスか…」 あまちゃん終了でネット上に感想続々と】の続きを読む

    1: 大梃子φ ★ 2013/09/30(月) 06:42:09.41 ID:???0
    日本代表、15年・南米選手権の出場辞退へ

     日本代表が招待を受けている15年の南米選手権(チリ)に関して、日本サッカー協会が出場辞退の方針を
    固めたことが29日、分かった。
    日本協会関係者は「A代表で行かなければ失礼になる。残念ながら辞退という方向で話を進めています」と明かした。

     国際サッカー連盟(FIFA)の規定では、選手の大陸別選手権への拘束力は同一年度に1大会のみ。
    同年1月にはアジア杯(オーストラリア)があるため、南米選手権にはA代表が派遣できない。
    大仁邦弥会長も「五輪予選もJリーグもあり、日程的に厳しい」と話していた。
    南米連盟は11年大会(アルゼンチン)にも日本を招待したが、東日本大震災によるJリーグの日程変更で辞退。
    今後は19年大会以降の参加を視野に入れ、年内にも正式に辞退を申し入れる。

    (2013年9月30日06時01分 スポーツ報知)
    http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20130929-OHT1T00216.htm

    【【サッカー】日本代表、2015年南米選手権出場辞退へ…A代表派遣難しく「失礼になる」と判断】の続きを読む

    このページのトップヘ