• Twitter
  • RSS

    2013年10月

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2013/10/28(月) 01:23:08.78 ID:ZbkALg730 BE:1635406463-2BP(1000)
    輸入オーディオ機器の(株)タイムロードは、ウルトラゾーン(ULTRASONE ドイツ)社製の新ヘッドフォン「Edition 5」
    を、12月中旬に発売する。
    同社の評価を確立したEdition7発売より10年目となるアニバーサリーモデルで、555セット製造の限定版。
    価格は、493,500円。

    ウルトラゾーンは、10年前のハイエンドモデルEdition7発売以前は「全く無名の専業ブランド」だったが、同モデ
    ルで一躍、世界的な評価を確立。
    以後、日本からのオダーによる高級モデルedition9の発売など、高級ヘッドフォンブランドとしてのステータスを
    不動のものにしてきた。

    Edition5は、10周年記念モデルとなるもので、「自然な臨場感をもつ音を追求」してきた同社の現時点での集大
    成モデルとなる。
    イヤーカップには、極めて硬い木質である樫の埋もれ木(倒木が8000年から600年地中に埋もれ、その圧力な
    どで半ば炭化したもの)を採用し、すべて職人の手仕上げとしているのが大きな特徴。

    Edition5 in caseまた、S-Logicの進化版、S-Logic EXと呼ぶ、ユニットが前方から耳孔に届き、やや距離もあり
    イヤパッド内に音響空間を形成するような仕組みとして、自然な広がりの再現を図っている。

    振動板には、新開発のチタンブレイデッド・マイラードライバーを採用。
    銀メッキ銅編みこみ構造の導体を採用したMMCX着脱式ケーブルとしている。
    イヤパッド、ヘッドバンドはエチオピアン・シープスキンとして、定評ある仕上げで快適な装着感を維持している。

    共同通信[2013年10月26日]
    http://www.kyodo.co.jp/release-news/pcaf/2013-10-26_277127/
    タイムロード・ホームページ
    http://www.timelord.co.jp/
    no title

    no title

    no title

    3: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2013/10/28(月) 01:27:06.04 ID:ZbkALg730 BE:1907974073-2BP(1000)
    >>1つづき

    【Edition 5 の主な特長】

    ・S-Logic EX テクノロジー(特許申請中)採用
    ・ULE(Ultra Low Emission ? 低域電磁波低減)技術採用
    ・新開発チタンプレイデッド・マイラードライバー搭載
    ・イヤカップに樫 * の埋れ木 ** を採用し、ひとつひとつが職人の手による仕上げ
    ・銀メッキ銅編込み構造(99.9 無酸素銅)の高品位ケーブル採用(着脱式)
    ・レーザーカット、ヘアライン仕上げのアルミニウム・ロゴ印章
    ・ブラッククローム蒸着イヤカップ・リング
    ・フルメタル・ヘッドバンド
    ・イヤパッド、ヘッドパッドにエチオピアン・シープスキン・レザー採用

    【【オーディオ】ULTRASONE最上位モデルのヘッドフォン「Edition5」を12月発売!価格は、493,500円】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2013/10/28(月) 12:42:15.58 0
    「イケメンなら何でも許される!」なんて風潮があったりします。
    そんな何でも許されるようなイケメンでも、「これはない!」と思われるような趣味にはどんなものがあるのでしょう? 
    女性マイナビニュース会員に聞いてみました。

    ■イケメンだとしてもこの趣味は許せない!
    Qイケメンだとしても許されない趣味は何ですか?
    第1位 アニメ……45人
    第2位 美少女フィギュア……25人
    第3位 ギャンブル……22人
    第4位 アイドル……19人
    第5位 ロリコン……10人
    第6位 女装……9人
    第7位 AV収集……6人
    第8位 鉄道関係、昆虫収集……5人
    第10位 風俗……4人

    一番「許されない趣味」として挙げられたのは、「アニメ」でした。
    近年、秋葉原文化が広まり、理解している人も増えてきていると思いましたが、イケメンだとしても、アニメが趣味なのは許せない人が多いようです。
    続いて、それぞれの回答について、なぜ嫌なのか理由を聞いてみました。

    ●「アニメ」と回答した理由
    ・一昔前の「オタク」のイメージが強いので、どうしてもその趣味は受け入れられない。(34歳/女性)
    ・アニメとか普段見ないので、話に付いていけない。イケメンでも話が合わないのはちょっと……。(26歳/女性)
    ・どうしても子供っぽい印象を受けてしまいます。(24歳/女性)
    「アニメ=子供」という図式や、メディアなどでよく見る「オタク像」というのがネックになっているようです。
    端から受け付けないという回答も多かったですね。

    ●「アイドル」と回答した理由
    ・そこまでお金をつぎ込まなかったら許せるけど、とにかく際限なくお金を掛けているようなイメージがある。(23歳/女性)
    ・アイドル好きな人はどうしてもアキバ系のイメージになってしまう。(24歳/女性)
    アイドルが好きな、いわゆる「アイドルオタク」の人は、CDやグッズを大量に購入するようなイメージが強いですからね。そのあたりを懸念する回答がいくつも寄せられました。
    no title

    【たとえイケメンだとしても引いてしまう趣味って?1位「アニメ」2位「美少女フィギュア」3位「ギャンブル」4位「アイドル」】の続きを読む

    1: エメラルドフロウジョン(岡山県) 2013/10/28(月) 14:26:09.47 ID:lleqs3rt0 BE:7062771299-PLT(12108) ポイント特典
    一審判決は「完敗」 どうする、ユニクロ

     ユニクロ側が完敗といっていい判決内容だった。ファーストリテイリングと子会社のユニクロが、
    名誉毀損で文藝春秋を訴えていた裁判で、東京地裁は10月18日、原告側の請求をすべて退けた。

     問題となったのは、『週刊文春』が2010年5月に「ユニクロ中国『秘密工場』に潜入した! 」の見出しで
    掲載した記事と、この記事を執筆したジャーナリストの横田増生氏が文藝春秋から11年3月に刊行した
    『ユニクロ帝国の光と影』。これらの記事における記述内容によって名誉を傷つけたとして、ユニクロ側は
    2億2000万円の損害賠償、取り消し広告掲載、本の回収などを求めていた。

     そのうち国内の労働環境について争点となった記述は、事実上1カ所のみ。07年まで働いていた
    元店長の発言だ。

     「11月や12月の繁忙期になると、月(間労働時間が)300時間を超えています。そんな時は、タイムカードを
    先に押して、いったん退社したことにしてから働いています。本部ですか?  薄々は知っているんじゃない
    ですか」

     名誉毀損訴訟では、真実であるとまでは認定できないが、十分な取材を尽くしたかどうか、書き手が
    そう判断する相当の理由があるかどうか、という「真実相当性」の有無が最大の争点となることが多い。
    それだけ「真実である」と断定するのは難しいのだ。

     ところが、今回の地裁判決では、この店長の話は信用性が高いとするなど、「重要な部分が真実」と
    認定した。つまり、文藝春秋側の完勝といえる。また、中国の工場での劣悪な労働環境を指摘した部分に
    ついても、真実相当性があると判断した。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131028-00022631-toyo-bus_all
    no title

    【【速報】ユニクロがブラック企業過ぎてヤバイ お前ら、もうユニクロで買うのはやめろ】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/10/26(土) 05:37:23.39 ID:???P
     V6の三宅健(34)が25日、東京・新宿の東京グローブ座で2年ぶりの主演舞台
    「サム ガール(ズ)」(11月10日まで)の初日を迎え、開幕前にリハーサルを公開した。

     同作は結婚を控える男(三宅)が、昔の恋人に会いにいく物語で共演者はすべて女性。
    三宅は「緊張しますし、恥ずかしい」と照れた。そんな色男役に報道陣から
    「実際もモテるでしょ?」と指摘され、「そこそこモテてます。モテないとアイドルは
    成立しないから。かわいく生まれてすみません」とちゃめっ気たっぷりに応じていた。

    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20131026/joh13102605030000-n1.html
    画像:舞台「サム ガール(ズ)」の公開リハーサルを行った
    左から村岡希美、宮地真緒、村川絵梨、岡田あがさ
    no title

    no title

    【【芸能】三宅健、報道陣から「実際もモテるでしょ?」と指摘され「モテないとアイドルは成立しないから。かわいく生まれてすみません」】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/10/27(日) 05:31:12.24 ID:???P
    女優の桜庭ななみが26日、都内で行われた映画『人狼ゲーム』の初日舞台あいさつに出席し、
    劇中で同じ所属事務所の後輩である竹富聖花と平手を打ち合うシーンがあることを明かした上で、
    「あれは本当に痛かった!」と冗談交じりにコメントした。この日は他に、太賀、岡山天音、大沢ひかる、
    梶原ひかり、藤原薫、平埜生成、藤井美菜、熊坂出監督が登壇した。

     同じ事務所に所属する先輩後輩である桜庭と竹富は、本作では熊坂監督から
    リアルな演技を求められ、劇中、2人で平手打ちを打ち合うシーンに挑戦。桜庭が
    「あれは本当に痛かった!」と悲鳴交じりの感想を述べると、竹富は「でも、桜庭さんも2発、
    やり返してきました」と強気の姿勢を崩さず。思わず熊坂監督がなだめるように「2人とも
    自分の想像をはるかに上回る芝居をしてくださいました」とフォローを入れると、会場は笑いに包まれた。
    >>2以降に続きます) 

    ソース:シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0057550
    画像:劇中のビンタ合戦を振り返った竹富聖花(左)と桜庭ななみ(右)  
    no title

    no title

    映画「人狼ゲーム」の初日舞台あいさつに登場した前列左から
    梶原ひかり、竹富聖花、桜庭ななみ、藤井美菜、大沢ひかる、
    後列左から藤原薫、平埜生成、太賀、岡山天音、熊坂出監督
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【芸能】桜庭ななみ、後輩・竹富聖花のビンタにショック!本当に痛かった…と振り返る/映画『人狼ゲーム』初日舞台あいさつ】の続きを読む

    このページのトップヘ