• Twitter
  • RSS

    2014年06月

    1: オムコシ ★@転載は禁止 2014/06/10(火) 04:38:45.11 ID:???0
    SOCCER DIGEST Web 6月9日 19時23分配信

    組織の機能性は低いが、「乗せないこと」が重要だ。

     日本代表のグループリーグ初戦の相手はコートジボワールだ。
    個の力に秀でるアフリカの雄に対し、日本はどう戦うべきなのか。
    元日本代表監督で、かつてはコートジボワールやナイジェリア、南アフリカの代表監督を歴任したアフリカ事情に明るいフィリップ・トルシエ氏に、コートジボワール攻略法を訊いた。

    ――◆――◆――

     コートジボワールは個人でプレーしたがる選手の集団で、組織力や一体感に欠けて「チーム」という感じではない。
    どの選手も1対1が好きで自分でボールを持ちたがり、自分で突破し、自分で動きたがる。
    個は強いが気分に左右されやすく、雰囲気が悪ければ機能しない面が強い。
    国の支援体制がない点も日本とは大きく異なる。

     スロースターターの傾向が強く、大会初戦での対戦は日本に有利だ。
    逆に言えば、ムードが良ければどんどん攻撃を繰り出してくる。
    きっかけを与えて自信を持たせ、乗せないことが重要だ。

     攻撃は大別するとふたつある。
    中盤でボールを奪って2列目のカルー、トゥーレ・ヤヤ、ジェルビーニョの3人に渡し、彼らが個々の判断で攻める。
    あるいは、CKやFKを含めてロングボールでボニ、ドログバらの頭に合わせるパターンだ。

     カルー、トゥーレ・ヤヤ、ジェルビーニョの3人とドログバは個人技に優れたアタッカーで要注意であることは言うまでもない。
    だが現在、リーダーとして存在感を放つのは、打開力が高く、マンチェスター・Cでリーグ優勝に貢献したトゥーレ・ヤヤだ。

     そしてカルー、ジェルビーニョを含む2列目の3人と、ドログバの関係は決して良くない。
    そのため、先発はドログバではなく、空中戦に強く、イングランドで激しいプレーに慣れているボニの可能性が高い。3月のベルギー戦では、ドログバは後半からの出場で良いプレーを見せていたので、ラムシ監督は同じように試合途中で起用してくるだろう。

     一方で控えに厚みがなく、実質的な戦力としては12~14人ほどだ。
    組織的な機能性が低いので、ボールを持ってもパスの失敗が多い。
    日本はそこで奪って素早く展開すれば、効果的なカウンターを仕掛けられる。
    相手の自信を打ち砕いて勝機に結び付けたい。

     参考にしたいのがコンフェデレーションズ・カップでのイタリア戦だ。
    あの試合、日本は序盤から非常にアグレッシブで強いプレッシャーをかけ続けた。
    今回も同様に、開始から約20分が重要だ。
    その時間で試合を決める意気込みで臨み、ボールを奪って素早くサイドに展開する。
    ショートパスを多用し、左右に振るコンビネーションプレーで相手を攪乱するのが狙いだ。
    ロングボールは最終ラインで奪われて、前出の3人のカウンター攻撃につなげられるので避けるべきだ。

    相手の攻撃トリオを抑え、リアクションプレーは厳禁。

     重要なのは、必ずシュートでプレーを終わらせること。
    というのも、相手GKはあまり巧くないので、初戦で綻びを見せる可能性がある。
    そもそも、コートジボワールには守備的なディシプリンはなく、ディフェンスはずぼらな面がある。
    とはいえ、気分ひとつで豹変するので、油断は禁物だ。
    コートジボワールも3大会連続出場と意気込みも強いうえ、日本を恐れるような性質ではない。

     特に、彼らの高い身体能力による動きや激しい当たりは要注意で、試合開始から日本は心して臨む必要がある。
    日本の強みである組織力や一体感を存分に活かしてプレーし、立ち上がりで気後れせず、リアクションプレーに走らないことだ。

     そして、イタリア戦と同じミスをしてはならない。
    あの試合で日本は前半が素晴らしく良かったのに、後半は動きが減って逆転を許してしまった。
    同様の展開となれば、待っているのはコートジボワール得意のカウンター攻撃だ。
    前半、素早いショートパスでペースを握ったら、後半はボールを保持して右左へ相手を振り、辛抱強くプレーして主導権をキープしたい。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140609-00010002-sdigestw-socc
    ※続く
    no title

    【【サッカー/W杯】元日本代表監督・トルシエ氏が語る「コートジボワール攻略法」】の続きを読む

    1: ぽてぽんφ ★@転載は禁止 2014/06/10(火) 02:34:34.97 ID:???0
    ACミランのインザーギ新政権に本田不要論 悩める日本のエースにイタリア紙は厳しい見方

    ブラジルワールドカップ(W杯)に臨む日本代表MF本田圭佑が、来季ACミランのフィリッポ・インザーギ新監督の新政権でベンチに転落する可能性が浮上した。
    9日付のイタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が「本田はインザーギの下では厳しい……3トップの新戦術では、
    ピッポは本田をスタメンとはみていない」という見出しで特集記事を掲載した。記事では本田の起用法に差す、暗い影を指摘している。
    「カカと本田圭佑のうちの1人になる。インザーギにとってこのポジションは多すぎる。だが、現状の移籍状況をみると、
    新しいミランでは、2人ともスタメンではなくなる。4-3-3システムではステファン・エルシャラウィ(イタリア代表)が左、
    ジェレミー・メネス(パリサンジェルマンから加入予定)が右、新加入のマリオ・マンジュキッチ(バイエルン・ミュンヘンから加入の可能性)
    で3トップが完全なものとなる。本田はセードルフ政権下ではサイドで起用されて、困難さを露呈した。
    本田は日本代表のようなトップ下、あるいはアッレグリ時代の(カカとの)ダブル司令塔でのみ、実力を発揮できるようだ」
    インザーギ新監督の標榜する4-3-3システムは、本田もブラジル人MFカカの居場所もないという。
    さらに、2人の現状を皮肉交じりにこうつづった。
    「サッカーは時に皮肉なものだ。2013年ミランは本田をCSKAから獲得しようとしたが、4、500万ユーロ要求されたため、
    カカを獲得した。カカは年俸を50%下げる犠牲を払ってまでミランに来た。1年もまだ過ぎないのに、
    戦術的な問題からスタメンを保証されない。カカは本田よりも素晴らしいプレーをしていた。それなのに、
    (ブラジル代表の)スコラーリ監督を納得はさせなれなかった。本田はミランで酷かったが、ザッケローニ監督に議論なく受け入れられた」
    ミランで輝きを放った実績抜群のカカが祖国ブラジルで行われるW杯代表メンバーから落選し、
    不振で酷評され続けた本田はW杯のピッチに立つ。カカにはブラジル名門サンパウロ移籍の可能性も浮上しているが、
    数奇な運命を経てロッソネロに加入した2人は来季残留時に、スタメンの保証がないというのだ。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140609-00010006-soccermzw-socc
    no title

    【【サッカー】伊紙、インザーギ新政権に本田不要論 「ミランで輝いたカカが代表メンバーに落選、酷評の本田はW杯のピッチに立つ皮肉」】の続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2014/06/10(火) 13:00:36.70 ID:EmnS118p0 BE:275299962-2BP(1000)
    プレイステーション4新色は『グレイシャー・ホワイト』、Destiny同梱でこの秋発売
    http://japanese.engadget.com/2014/06/09/e3-2014-4-destiny-9-9/
    no title

    開催中のソニー プレイステーションE3 2014 プレスカンファレンスより。
    ソニーは白い Glacier Whiteプレイステーション4を " Destiny " 同梱版として発売します。
    米国では9月9日発売。

    【【速報】プレイステーション4新色グレイシャー・ホワイトこの秋発売】の続きを読む

    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@転載は禁止 2014/06/03(火) 07:51:29.40 ID:???0
    日本と同組のコロンビア、エース・ファルカオは間に合わず
    GOAL 6月3日(火)7時45分配信

    ブラジル・ワールドカップ(W杯)で日本と対戦するコロンビア代表は、
    エースのラダメル・ファルカオが大会を欠場することが決まった。
    ホセ・ペケルマン監督が2日に明かした。

    ファルカオは1月に左ひざのじん帯を断裂したが、W杯出場を信じて
    調整を続けていた。代表チームもエースの回復に期待して招集していたが、
    やはり大会には間に合わないと決断されている。

    ペケルマン監督は、「良い日ではない。
    ファルカオについて話すのはとてもつらいことだ」とコメントした。

    FWルイス・ムリエル、DFアマラント・ペレアとともに
    代表を外れることになったファルカオは「3人にとって難しい瞬間だ。
    参加するという期待をもってやっていた。
    外からチームを支えないといけない」と話している。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000038-goal-socc

    (関連記事)
    【2014W杯】コロンビア代表が最終登録メンバー23名を発表、ファルカオが無念の落選… | Football Web Magazine 『Qoly』
    http://qoly.jp/2014/06/03/colombia-final-list
    no title

    【【サッカー/W杯】日本と同組のコロンビア、エースのファルカオ間に合わず…大会欠場】の続きを読む

    このページのトップヘ